ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 脳腫瘍


脳腫瘍には、脳組織から発生する原発性脳腫瘍と、他の臓器の腫瘍が脳に転移して発生する転移性脳腫瘍があります。脳腫瘍が他の臓器に転移することはほとんどありません。
原発性脳腫瘍で多いのが神経膠腫(しんけいこうしゅ,グリオーマ)で、脳の組織内にできる腫瘍です。次に多いのが脳を包んでいる膜にできる髄膜腫で、ほとんど良性です。その他、ホルモン中枢の下垂体にできる下垂体線腫もほぼ良性です。神経をとりまく鞘(さや)にできる神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)も多くは良性です。神経鞘腫で多いのが聴神経にできる聴神経腫瘍です。
脳腫瘍の良性とは、他の腫瘍と同じように成長速度がゆっくりで、正常な組織との境界がはっきりしているものですが、脳の場合、発生場所によっては手術が困難であるなどの理由で、悪性とされることもあります。
脳腫瘍の症状は、腫瘍周囲の神経を圧迫したり障害を与えたりすることで発生する局所症状と、頭蓋骨内全体が圧迫をうけることによる頭蓋内圧亢進症状があります。
局所症状は、腫瘍が発生した場所の周辺組織の役割により異なります。例えば左の前頭葉の運動野にできると体の右側に麻痺がおこり、後頭葉にできると視野狭窄や視野欠損がおこる等です。
頭蓋内圧亢進症状は、持続的な頭痛や、吐き気などです。初期の腫瘍ではあまりありませんが、進行するにつれて症状がよくみられるようになります。
脳腫瘍の中で良性とされる髄膜腫、脳下垂体腫瘍、聴神経腫瘍は、きちんと手術が行われれば、十分に治療可能なものです。マイクロサージャリーにより腫瘍周辺の正常脳組織のダメージを最小限にすることで、手術後の神経脱落症状もほとんど出ないようになります。
また現在では、ガンマーナイフやサイバーナイフといった放射線治療も考案され、一定の治療成果が確認されています。

脳腫瘍


1:髄膜腫

2:脳下垂体腫瘍

3:聴神経腫瘍


>>サイトマップ