自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 頚椎の病気


頚椎は頭蓋骨につながっていて、第2頚椎以下は椎骨が椎間板をはさんで並んでいます。それぞれの椎骨により囲われた脊柱管の中に、脳から続いている脊髄が存在します。また、椎骨と椎骨の間には、脊髄から左右に枝分かれした神経根が通る椎間孔という隙間があります。
上記のような構造により、大切な神経が守られているのですが、加齢にともなう変性などにより、神経のスペースが狭められることにより症状が発生します。
頚椎の病気では、頚椎椎間板ヘルニア頚椎症頚椎後縦靭帯骨化症が代表的であり、どれも変性疾患になります。すなわち年をとるにつれ、これらの病気にかかる頻度が多くなるものです。病態はすこしずつ違っていますが、基本的には頚部痛、腕や手のしびれと痛み、脱力、握力低下、細かい手作業ができない、歩きにくいなどの症状が出現します。


頚椎椎間板ヘルニア
(けいついついかんばんへるにあ
頚椎症
(けいついしょう)
頚椎後縦靭帯骨化症
(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)


>>サイトマップ