自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 腰椎の病気


胸椎から連なる腰椎は、5つの椎骨が椎間板をはさんで並んでいます。その下には骨盤が位置しています。腰部脊柱管の中には、脊髄から枝分かれした馬尾神経と呼ばれる、腰仙髄神経根が集っています。上下の椎骨の間には神経根が通る椎間孔という隙間があり、左右に神経根が下肢へ向かって出ています。
このような構造により大切な神経が守られているのですが、加齢にともなう変性などにより神経のスペースが狭められると様々な症状が発生します。
ここでは、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎すべり症を中心に解説します。これらは腰椎の変性疾患であり、基本的には年齢とともに増加する傾向にあります。症状は腰痛、下肢痛、下肢筋力低下、間欠性跛行(時々休憩しないと足が出にくくなる状態)などがおもなものです。


腰椎椎間板ヘルニア
(ようついついかんばんへるにあ)
腰部脊柱管狭窄症
(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
腰椎すべり症
(ようついすべりしょう)


>>サイトマップ