自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 胸椎の病気


胸椎は頚椎と腰椎の間にあり、12個の椎骨が椎間板をはさんで並んでいます。胸椎の特徴としては、肋骨とつながる関節があります。
それぞれの椎骨には椎孔という穴があいていて、それが、並んでトンネル状になっています。これは脊柱管と呼ばれ、これが、脳から続いている脊髄の通路になります。また、椎骨と椎骨の間には、脊髄から枝分かれした神経根が通る椎間孔という隙間があります。
上記のような構造により、大切な神経が守られているのですが、加齢にともなう変性などにより、神経のスペースが狭められることにより問題が発生します。
ここでは胸椎の病気
のなかで、胸椎圧迫骨折、黄色靭帯骨化症を取り上げます。


胸腰椎圧迫骨折
(きょうついあっぱくこっせつ)
黄色帯骨化症
(おうしょくじんたいこっかしょう)

>>サイトマップ