自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 治療法


治療の前に、まず、正しい診断をつけます。診断はMRI(核磁気共鳴像)、CT断層写真、レントゲンなどから得られる画像と、神経学的所見とあわせて専門医による総合的な判断によりなされます。特にMRIは有用な診断装置であり、ほとんどの疾患が診断されます。
診断結果を解説し、患者さんのご要望も取り入れつつ、専門の医師による治療が行われます。通常は1ヶ月くらい頚部、腰部の安静をしつつ、お薬による鎮痛や筋肉のはりやこりをとり、必要であればマッサージ、低周波治療、牽引などのリハビリテーションを行います。このような治療をしても症状が改善しない場合には、手術が必要となることがあります。


マイクロサージャリー
(手術用顕微鏡を用いた低侵襲手術)
脊椎インスツールメンテーション
手術と非手術
(安静.内服.リハビリ.ブロック注射)
レーザー治療
頚椎椎間板ヘルニア
頚椎症の治療法


>>サイトマップ