自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 しびれ・痛み

しびれという感覚を明確に定義することは難しく、ピリピリと痛みに近いものや、感覚がはっきりしなくなる麻痺に近いものなど様々で、それぞれの病気であげた、「しびれ」は必ずしも同じようなものというわけではありませんが、その発生する範囲などを詳しく調べることで、原因を探るための重要な手がかりとなります。
分類 症状 疑われる病気
脳疾患 半身のしびれや感覚の低下とともに、ものが二重に見える、めまいがする、ろれつがまわらないなどの脳神経症状を伴う。 脳梗塞
脊椎脊髄疾患 首や肩甲骨のあたりに痛みがあり、手指のしびれが生じ、筋力低下なども見られる。 頚椎症性神経根症
頚椎椎間板ヘルニア
手指のしびれが、片側ではじまっても、いずれ両側となることが多い。箸使いが困難となり、下肢のしびれや足がもつれるというように進行していく。一日のうちでしびれの変化は少ない。 頚椎症性脊髄症
頚椎椎間板ヘルニア
後縦靭帯骨化症
進行するとしびれ、筋肉のやせ、手足の脱力、つっぱりが現れる。強い痛みを伴う場合もあり、睡眠障害もある。 脊髄空洞症
腰から足先にかけてしびれや痛み、筋力低下などがおこる。脚の症状は片側の場合が多い。 腰椎椎間板ヘルニア
しばらく歩くと足にしびれや痛みを感じ歩けなくなる。前かがみになって休むとよくなる。 腰部脊柱管狭窄症
末梢神経疾患 人指し指から薬指までの手のひらのしびれで、朝強く夕方よくなることが多い。 手根管症候群
肩甲骨周囲から手にかけてのしびれや痛みで、電車のつり革につかまっていると悪化する。 胸郭出口症候群
動脈疾患 歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じ、休むとよくなる。進行すると安静時でも下肢の痛みが現れ、壊死にいたることもある。 バージャー病
閉塞性動脈硬化症
全身疾患 足先からはじまり、両手、両足がしびれが広がり、靴下・手袋型分布と呼ばれる。夜間に症状が悪化する。 糖尿病

>>サイトマップ