自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 運動麻痺

運動麻痺は脳から脊髄、末梢神経、筋肉への情報の伝達の中でブロックが起こり、その神経の支配に一致している筋肉の筋力低下や麻痺が起こる。
分類 症状 疑われる病気
脳疾患 突然の半身の手足の麻痺で発症する。 脳梗塞、脳出血
次第に半身の麻痺が進行する。 脳腫瘍
脊椎脊髄疾患 手や腕の麻痺があり、温痛感覚も鈍くなる。手の使い方がぎこちなくなる。進行すると歩行障害も出現する。 脊髄空洞症
次第に進行する四肢の麻痺、知覚麻痺を認め、歩行が困難になってくる 頚椎椎間板ヘルニア
頚椎症性脊髄症
頚椎後縦靭帯骨化症
脊髄腫瘍
背部痛や腰痛が主で、まれに下肢の痛みや筋力低下が出現することがある。高齢者の転倒後や骨粗鬆症の人に多くみられる。 胸椎・腰椎圧迫骨折
腰痛、間欠性跛行が代表的な症状であるが、進行すると運動麻痺や知覚障害、筋萎縮が見られる。 腰部脊柱管狭窄症
腰痛、一側の下肢痛を伴った、下肢筋力低下。 腰椎椎間板ヘルニア
末梢神経疾患 上肢を挙上すると握力が低下する。 胸郭出口症候群

>>サイトマップ