自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 腰痛

腰痛は一般のクリニックや診療所を訪れる患者さんの最も多くがかかえている問題であり、今や中高年者の2人に1人は腰痛に悩まされていると言われています。
腰痛は下記のような様々な腰椎の疾患により起こり、その原因をはっきりさせることは治療上重要なことです。
症 状  疑われる腰椎の疾患
腰痛に加えて左右いずれかの下肢痛、しびれが出る。大きなヘルニアでは足の動きが悪くなったり、尿閉になることもある。  腰椎椎間板ヘルニア
腰痛、下肢のしびれに加えて、間欠性跛行といって長時間歩行すると、足が痛くなったり、歩けなくなったりする症状が特徴。  腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症と症状は似ており、レントゲンで診断されることが多い。  腰椎すべり症
腰痛や下肢のしびれが主とした症状。比較的若い人で、スポーツが好きな人や立ち仕事が多い人にみられることが多い。  腰椎分離症
中高齢者の腰痛の代表的疾患。特に閉経後の女性や痩せ型の人に多い傾向がある。  骨粗鬆症
事故や転落などの外傷後や、尻もちをついた後に進行性の腰背部痛が出現する。痛みは強くなる傾向があり、座っているのもつらくなる。胸腰椎移行部に好発する。  腰椎圧迫骨折
明らかな器質的異常がないが、腰痛や下肢の疼痛を自覚する。心理的ストレスが誘引となることが多い  心因性腰痛

>>サイトマップ