自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック
ホーム 症状の紹介 病名の紹介 治療法の紹介 用語辞典
自己紹介 よくある質問 患者さんの声 外来のご案内 リンク
 頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアの治療法


頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアの治療法はいろいろとありますが、大きく分けると保存療法と手術療法があります。
保存療法は症状の軽減を目的として行われます。頚椎症や椎間板ヘルニアのような変性疾患の場合、自然に若いころの状態に戻ることは考えられませんので、一定期間保存療法を続けて効果がなければ、手術療法を行うのが一般的です。
手術を受けることに強い抵抗を感じる人は多いと思いますが、神経への圧迫が長期間続くと、圧迫しているものを取り除いても回復の程度が悪くなります。手術を行うことのリスクがまったくないわけではありませんが、手術の決断は早くしたほうが、回復の程度がよくなることが期待できます。


保存療法
(ほぞんりょうほう)
手術療法
(しゅじゅつりょうほう)



>>頚椎症  >>頚椎椎間板ヘルニア

>>サイトマップ